メニュー 閉じる

Fragrance coodinate

フレグランスコーディネート

玄関

Entrance

玄関

香り選びのポイント

・お家のテーマにしたい香りを選ぶ。   
・比較的に濃厚な香りがオススメ。    
・自分の一番好きな香りを選ぶ。     

<ネロディバッコ>
ジャンル:フルーティー
香りの感じ方:5(とても濃厚)
演出:エレガント・リッチ
イメージ:赤ワインの芳醇な香り。
コメント:イタリア・日本の中で一番人気な香り。濃厚なウヴァフラーゴラ(赤ブドウ)が奏でる高級感の演出を楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<ウード>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:5(濃厚)
演出:オリエンタル調の高級ホテルのような雰囲気
イメージ:キアラフィレンツェの中では複雑なブレンディングで、オリエンタル系の中でもメイローズやサフラン、沈香といった様々なジャンル絶妙に調和した香り
コメント:お香系の香りを火を使うことなく安全に楽しめるので、和の香りが好きな人にオススメ。

詳細ページへ

<オルキデアセルバティカ>
ジャンル:フローラル
香りの感じ方:5(濃厚)
演出:エレガント・リッチ
イメージ:ランやハーブエッセンスを用いた上品なフローラルの香り。上級者向け。
コメント:香りとの距離感を保ち、ほのかに香らせることで、花々の花々を豪華に活けた花瓶を置いたような幸せな気持ちに。

詳細ページへ

<メディテラーネオ>
ジャンル:シトラス
香りの感じ方:3(普通)
演出:爽やかな空間・清潔感
イメージ:フレッシュなレモンとローズマリーの香り。
コメント:地中海のカラっとした爽やかな風に包まれた雰囲気を演出したいときにオススメ。

詳細ページへ

<メラングラーナ>
ジャンル:フルーティー
香りの感じ方:4(少し濃厚)
演出:爽やかさ・華やか・幸福感
イメージ:ザクロとカシスの華やかなで可愛らしい香り。
コメント:ザクロとカシスのみずみずしい透き通った華やかな香りを楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

 

Living

リビング

香り選びのポイント

・家族みんなが好きな香りを選ぶ。      
・癖の少ない香りにする。          
・インテリアを意識した香りにする。     

<アグルミ>
ジャンル:シトラス
香りの感じ方:3(普通)
演出:フレッシュ・爽やか・清涼感
イメージ:グレープフルーツやベルガモットとスイートオレンジのジューシーでフレッシュな香り。
コメント:シトラス系の定番の香りでありながら、その中でも品のある柑橘の香りが楽しめる。迷ったときは、万人が好む香りを選びたいときにオススメ。

詳細ページへ

<ビアンコディバッコ>
ジャンル:フルーティー
香りの感じ方:4(濃厚)
演出:パステルカラーのようなポップで可愛らしい雰囲気
イメージ:ホワイトワインとホワイトピーチの華やかなフルーツ園でくつろいでいるような香り。
コメント:香りを弱めに香らせることで、爽やかに感じるホワイトワインとホワイトピーチのしっかりした甘さがバランスよく楽しめます。

詳細ページへ

<レバンテ> ジャンル:フローラル
香りの感じ方:3(普通)
演出:さりげなく香る優しいフローラルな空間
イメージ:スズランと低木の優しい甘い香り
コメント:涼やかなフローラルノートをスズランや木々、マンダリンなどで表現した香りなので、リビングにさりげない彩りを添えたいときにオススメ。

詳細ページへ

<フローラル>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:3(普通)
演出:リビングにお花のある暮らし。上品にゆったりできるリビング
イメージ:すっきりとしたラベンダー・ベルガモットの爽やかさと、ロータスフラワーのフローラル調の甘さがリビングをやさしく包み込むような香り。
コメント:リビングにそよ風がまったときふわっと香る素敵なフローラルノートが楽しめます。

詳細ページへ

<トゥーシャ>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:3(普通)
演出:和・神聖な雰囲気
イメージ:白檀やアンバーなどの格調高い香り。
コメント:和室で楽しみたい時、白檀などの落ち着く香りが好きな方にオススメ。火を使うことなく安全に香木の香りが楽しめる。

詳細ページへ

Bedroom

寝室

香り選びのポイント

・自分がリラックスする香りを選ぶ。     
・幸福感が欲しいときは甘めの香りにする。  
・濃厚な香りは、ほのかに香るようにする。  

<フィオ―ルディルナ>
ジャンル:フローラル
香りの感じ方:4(少し強め)
演出:エレガント
イメージ:月明かりに照らされたホワイトブーケをイメージした香り。上品でロマンティックな雰囲気。
コメント:プルメリアやチュベローズなどのフローラルノートで一日の最後をエレガントに締めくくりたい方におすすめ。

詳細ページへ

<アンブラ>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:5(濃厚)
演出:和・神聖な雰囲気
イメージ:琥珀や沈香を用いた格式高い香り
コメント:とても弱く香らせて、心落ち着く、上質な香りを楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<オストロ>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:5(濃厚)
演出:陽気・明るい雰囲気
イメージ:マンダリンとバニラのシンプルかつ贅沢なスイートが楽しめる香り。
コメント:上質なバニラの香りに包まれて幸せな気分になりたい方、バニラに爽やかなマンダリンが加わることで、より軽快で今までと異なるバニラの香りを楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<ネロディバッコ>
ジャンル:フルーティー
香りの感じ方:5(とても濃厚)
演出:エレガント・リッチ
イメージ:赤ワインの芳醇な香り。
コメント:イタリア・日本の中で一番人気な香り。濃厚なウヴァフラーゴラ(赤ブドウ)が奏でる高級感の演出を楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<ウルティカ>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:4(少し濃厚)
演出:大自然・グリーンに包まれた暮らし
イメージ:ユーカリやセイヨウイラクサなどのハーブの香り。
コメント:少しジェノベーゼにも似た香りで、フレッシュなハーブに包まれたい方にオススメ。

詳細ページへ

キッチン

Kitchen

キッチン

香り選びのポイント

・ハーブ系の香りがオススメ。   
・食材とリンクする香りにする。  
・比較的ソフトな香りにする。   

<ティーモス>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:3(普通)
演出:爽やか・自然との調和・みどりの暮らし
イメージ:スパイシーなタイムに柔らかい甘さのカモミールやセージなどをブレンドした洗練されたハーブの香り。
コメント:お料理の空間にさりげなく溶け込む、自然のハーブの優しい甘さに包まれたいときにオススメ。

詳細ページへ

<ウルティカ>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:4(少し濃厚)
演出:大自然・グリーンに包まれた暮らし
イメージ:ユーカリやセイヨウイラクサなどのハーブの香り。
コメント:少しジェノベーゼにも似た香りで、フレッシュなハーブに包まれたい方にオススメ。

詳細ページへ

<グレカーレ>
ジャンル:スパイシー・オリエンタル・ウッディー
香りの感じ方:2(ほのかな広がり)
演出:木々に包まれた落ち着いた空間
イメージ:高級なスパイスとウッドの乾いた北東風をイメージした香り。
コメント:ナツメグ・ペッパー・クローブといったスパイスとウッドのブレンドによる自然と空間が調和した雰囲気が好きな方にオススメ。

詳細ページへ

<カプリフィコ> ジャンル:ハーバル 香りの感じ方:3(普通) 演出:森林浴 癒し イメージ:バジル トマトリーフ イチジクの香り。 コメント:果実とハーブの青々しさが堪能でき、人と違った個性を楽しみたい方にオススメ。 詳細ページへ

<メンタ>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:3(普通)
演出:フレッシュ・爽やか
イメージ:ワイルドミットを基調にしたすっきりした香り
コメント:お料理でも使用する馴染みのあるミント。すっきりした清潔なキッチンにオススメ

詳細ページへ

バスルーム

Bath room

バスルーム

香り選びのポイント

・ハーブ系の香りがオススメ。      
・清涼感がありリラックスする香りを選ぶ。
・比較的ソフトな香りにする。      

<ティーモス>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:3(普通)
演出:開放感 リラックス
イメージ:スパイシーなタイムに柔らかい甘さのカモミールなどをブレンドした洗練されたハーブの香り。
コメント:大自然を彷彿とするハーブの香りで、時を忘れてくつろいでいる、そんな雰囲気を楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<ウルティカ>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:4(少し濃厚)
演出:開放感 リラックス
イメージ:ユーカリやセイヨウイラクサなどのハーブの香り。
コメント:乾燥させたハーブを湯船に浮かせて森林浴を楽しんでいるような雰囲気を楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

<マエストラーレ>
ジャンル:マリンノート
香りの感じ方:3(普通)
演出:リフレッシュ 爽やか 清潔感
イメージ:爽やかな海風を彷彿とさせる香り
コメント:ソルトがソープ系の香りに感じられ、清潔感がありつつも高級感も感じたい方にオススメ。

詳細ページへ 

<アグルミ>
ジャンル:シトラス
香りの感じ方:3(普通)
演出:フレッシュ・爽やか
イメージ:グレープフルーツやベルガモットとスイートオレンジのジューシーでフレッシュな香り。
コメント:爽やかな柑橘の香りで心と体をリラックスさせたい方にオススメ。

詳細ページへ

<グレカーレ>
ジャンル:スパイシー・オリエンタル
香りの感じ方:2(ほのかな広がり)
演出:木の香りがする生活
イメージ:高級なスパイスとウッドの乾いた北東風をイメージした香り。
コメント:木々の自然な落ち着く香りで森林浴気分を楽しみたい方にオススメ。

詳細ページへ

Rest room

レストルーム

香り選びのポイント

・しっかりと広がる香りを選ぶ。   
・ほかの部屋と被らない香りにする。   
・気持ちが落ち着く香りを選ぶ。   

<メンタ>
ジャンル:ハーバル
香りの感じ方:3(普通)
演出:フレッシュ・爽やか
イメージ:ワイルドミットを基調にしたすっきりした香り
コメント:お料理でも使用する馴染みのあるミント。すっきりした清潔なキッチンにオススメ

詳細ページへ

<トゥーシャ>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:3(普通)
演出:品格が感じられる空間 落ち着く
イメージ:白檀やアンバーなどの格調高い香り。
コメント:お香の香りとレストルームは相性がよく、気持ちを落ち着かせるだけでなく、香りとともに清潔感を保つことで、風水的な面も大切にされたい方にオススメ。

詳細ページへ

<ヴェル―ト>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:5(濃厚)
演出:陽気 幸福感
イメージ:キャラメルやバニラ、シナモンといった子供の時に作ったクッキーのような幸福感が感じられる香り
コメント:ヴェル―トはしっかり香る種類の香りで、レストルームには甘ったるいと思いがちですが、意外と慣れると心地よく感じてきます。先入観を捨ててぜひ試してみてください。

詳細ページへ

ジャンル:マリンノート
香りの感じ方:3(普通)
演出:リフレッシュ 爽やか 清潔感
イメージ:爽やかな海風を彷彿とさせる香り
コメント:ソルトがソープ系の香りに感じられ、清潔感がありつつも高級感も感じたい方にオススメ。

詳細ページへ 

<ロッソ フィオレンティーノ>
ジャンル:オリエンタル
香りの感じ方:4(少し濃厚)
演出:独特な中世の世界観
イメージ:オレンジやシナモンにクローブのブレンドによる16世紀のクラシックな雰囲気イメージした香り。
コメント:クラシックな高級感と独特の世界観を演出したい方にオススメ。

詳細ページへ

車の中で

Car fragrance

カーフレグランス

香り選びのポイント

・一番好きな香りを選ぶ。      
・車内の雰囲気に合った香りを選ぶ。 

<ネロディバッコ>
ジャンル:フルーティー
印象:高級感 優雅 エレガント。

詳細ページへ

<ビアンコディバッコ>
ジャンル:フルーティー
印象:ポップ 幸福感

詳細ページへ

<メラングラーナ>
ジャンル:フルーティー
印象:ポップ 華やか

詳細ページへ

<チプリア>
ジャンル:フローラル
印象:可愛らしい フェミニン カラフル

詳細ページへ

<モーロ>
ジャンル:オリエンタル
印象:クール 大人の香り ダンディー

詳細ページへ

<ティール>
ジャンル:シトラス・ウッディー
印象:クール 爽やか

詳細ページへ